格安SIMが使えれば、通信費の削減が出来ます

格安SIMが使えれば、通信費の削減が出来ます。

通常だと月に7000円以上もかかってきますが、MVNOだと月に1000円程度ということも。

一度、検討してみても良いかもしれません。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはそのまま利用することはできません。

そのような方は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、ロックを解除する、または、下駄を使うことになります。

大手キャリアのスマートフォンやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモの端末であれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMを利用することができます。

SIMカードとは、docomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれているIC型のカードのことです。

スマホなどに、大手携帯会社のものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近よく話題に挙がるようになりました。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これのみで使っていくためにサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

実際にはスマホにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

一般に、帯域が太ければ一気にアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、設備にきちんと投資をしていれば、データを素早く処理できるため利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、安ければ良いということではなくきちんとしたサービス品質を提供できる事業者を選択する必要があることが分かります。

現在、格安SIM・格安スマホを提供するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、カタログスペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

とはいえ、速度を実際に計ってみると会社によって違うことが分かります。

具体例としてランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

いろんな会社も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、回線の帯域である太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

「回線の帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

参考サイト:格安SIM テザリング xperia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です